1月に読んだ本


Warning: Illegal offset type in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 277

Warning: curl_setopt() [function.curl-setopt]: CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when safe_mode is enabled or an open_basedir is set in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 481

2012年1月に読んだ本。

tiyaの本棚
2012年01月
アイテム数:3
誰かが足りない
宮下 奈都
読了日:01月04日
{book['rank']


木暮荘物語
三浦 しをん
読了日:01月07日
{book['rank']


powered by ブクログ

少ない上に、どれも余り印象に残らなかったなあ……

「誰かが足りない」は、連作短編集という好みのスタイルではあったけど、それぞれの話のつながりは薄め。
あるレストランのある日の客の、そのお店に来るきっかけを集めた話。
(ややこしくて気持ち悪い日本語になっちゃった)

なんかもう、ものすっごくおしいんだよなあ。
1ヶ月後に思い返してみて、心に残っている話がひとつもないんだもん。
ひとつひとつは、それなりにおもしろかったのに。

本屋大賞ノミネート作品だけど、人にお勧めしたいかと言えば、微妙。
既読の候補作の中での一押しは、「舟を編む」だわ。
次点で「偉大なる、しゅららぼん」かな。
「誰かが足りない」と「人質の朗読会」は、あんまり好みではなかったなあ。

「木暮荘物語」も、三浦しをんにしては微妙。
ちょいエロ連作短編集だけど、女性が書いているのでオヤジくさい気持ち悪さはなし。
セックスをしたいおじいちゃんの話が一番好きでした。
放浪者の並木は、全く共感する要素がなくてダメだったかも。

「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」は、今月読んだ中では一番おもしろかったです。
奥泉光は2冊目だけど、前作とは全く違う作風でビックリ。
こういう軽いのも書けるなんてすごいなあ。

登場人物のキャラクターがそれぞれ強烈で、ドラマ化したくなるのもうなずけるわ。
(最初の10分だけ見て、全くの別物なので見るのやめたけど)
続編が出そうなので、とても期待。



これから夫の実家に帰省するので、中途半端だけどココまで。
2月の北東北って、どれだけ寒いんだろう。
「冬に行ってみたい」と言ってしまった過去の自分に、ちょっと後悔してます……

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.