9月に読んだ本


Warning: Illegal offset type in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 277

Warning: curl_setopt() [function.curl-setopt]: CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when safe_mode is enabled or an open_basedir is set in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 481

9月に読んだ本。

赤川次郎「幽霊法廷」
赤川次郎「コバルトブルーのパンフレット」
倉知淳「星降り山荘の殺人」
ドナルド・J・ソボル「2分間ミステリ」
西村京太郎「座席急行『津軽』殺人事件」
法月綸太郎「誰彼」
法月綸太郎「頼子のために」
法月綸太郎「一の殺人」
東川篤哉「密室に向かって撃て!」
東川篤哉「完全犯罪に猫は何匹必要か?」
東川篤哉「交換殺人には向かない夜」
東野圭吾「赤い指」
東野圭吾「名探偵の掟」
平野啓一郎「ドーン」
三浦しをん「神去なあなあ日常」

久しぶりにいっぱい読みました。
15冊。
旅行の間にずっと読んでいたのと、ミステリ中心で読みやすかったのと、かなあ。

この中でいちばんおもしろかったのは、「神去なあなあ日常」。
直木賞を取った「多田便利軒」よりも、こっちの方が好きだったわ。
よくある青春もの、と言えばそうなんだけど、林業ってところが良かった。
わたしにはとてもじゃないけど、神去村の生活も、「なあなあ」の精神も、実行できないなあ。

「頼子のために」も良かったです。
フーダニットであり、ホワイダニットな作品。
動機がこわいこわい。
予想しながら読んでも、裏の裏の裏の……までは、なかなか推理できないんじゃないかしら。

「コバルトブルーのパンフレット」は、9月を楽しみに待つほど好きな「杉原爽香」シリーズのもの。
毎年それなりに楽しいんだけど、「暗黒のスタートライン」を超えるほどの衝撃は無いよねえ。
前はスッキリとした終わり方だったのに、なんでモヤッとした感じになってしまったんだろ。
連載している雑誌を買わせるための魂胆?

東川篤哉の「烏賊川市シリーズ」で一番評判がいいのは「交換殺人には向かない夜」らしんだけど。
わたしは、「完全殺人には猫が何匹必要か?」の方が好きだなあ。
動機もトリックもエキセントリックで、このシリーズに合ってるわ。
さくらさんが出てこないのがちょっと残念だけど。

9月は、わりと良作が多かったかも。
10月は、今のところ肌に合わないものばかり当たっていているけど。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.