5月に読んだ本


Warning: Illegal offset type in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 277

Warning: curl_setopt() [function.curl-setopt]: CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when safe_mode is enabled or an open_basedir is set in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 481

2011年5月に読んだ本。

tiyaの本棚
2011年05月
アイテム数:5
パラドックス13
東野 圭吾
読了日:05月07日
{book['rank']


放課後はミステリーとともに
東川 篤哉
読了日:05月11日
{book['rank']


at Home
本多 孝好
読了日:05月17日
{book['rank']


折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信
読了日:05月25日
{book['rank']


作家の口福 (朝日文庫)
恩田 陸
読了日:05月29日
{book['rank']


powered by ブクログ

先月は5冊。
少なすぎるわ。

一番おもしろかったのは、「折れた竜骨」。
米澤穂信は5冊目だけど、今まで読んだものと全然違っててちょっとビックリ。
こんなにきれいな文章が書ける作家さんだったのねー。

歴史物であり、ファンタジーであり、ミステリーである作品。
歴史とファンタジーに関しては文句なし。
物語の世界にどっぷりと入り込めて、満足。

でも、ミステリーとしてはちょっとガッカリ。
犯人、途中で予測がついちゃったわ。
もうちょっと、裏の裏が欲しかったなあ。

同様に予測できて残念、だったのは、「パラドックス13」。
世界に彼らだけ残された理由とか、序盤で分かっちゃった。
途中まではドキドキしながら読めたけど、終盤がグダグダ。
恋愛部分も、お涙頂戴部分も、ありきたりだったかな。

「作家の口福」は、有名作家さんたちの食に関するエッセイ集。
作家さんによって、おもしろかったりおもしろくなかったり。
好きだったのは、絲山秋子さん、山本文緒さん、三浦しをんさん、角田光代さん、池井戸潤さん。
逆に受け入れがたかったのは、村山由佳さん、磯崎憲一郎さん、内田春菊さん。

ああ、好きな作家のエッセイは好きなんだなあ。
好きじゃない作家のエッセイは好きじゃないんだなあ。
まあ、読んだことのない作家も含まれているけど。

主婦として共感しまくりだったのは、山本文緒さん。
確かに、一日中ごはんのこと考えているかも。
子供の頃よく母に「今晩なに食べたい?」って聞かれていたけど。
今となっては、その気持ちがよく分かるわ。
料理で一番時間が必要なのは、献立決めな気がする。

今月は、今のところ4冊。
やっぱり少ないけど、先月よりは多め。
ゼルダ3Dの出来によっては、もう今月は本を読まない可能性も……

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.