9月に読んだ本


Warning: Illegal offset type in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 277

Warning: curl_setopt() [function.curl-setopt]: CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when safe_mode is enabled or an open_basedir is set in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 481

2011年9月に読んだ本。

tiyaの本棚
2011年09月
アイテム数:8
三つの名を持つ犬
近藤史恵
読了日:09月02日
{book['rank']


亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)
泡坂 妻夫
読了日:09月02日
{book['rank']


木曜組曲 (徳間文庫)
恩田 陸
読了日:09月04日
{book['rank']


セクシーGメン 麻紀&ミーナ
森奈津子
読了日:09月09日
{book['rank']


イルカ (文春文庫)
よしもと ばなな
読了日:09月12日
{book['rank']


僕は、そして僕たちはどう生きるか
梨木 香歩
読了日:09月23日
{book['rank']


ふむふむ―おしえて、お仕事!
三浦 しをん
読了日:09月28日
{book['rank']


powered by ブクログ

冊数、ちょっとだけ増えました。
10月もこのくらい読めそう。

一番好きだったのは、「木曜組曲」かなあ。
こういう女同士のドロドロ劇は、女性作家の方が断然おもしろいよねえ。
恩田陸は代表作が爽やか系だけど、ドロドロしたのも(風呂敷たためていれば)おもしろいと思うわ。

ああでも、「黒幕」は予想通りだったかも。
結末よりも、結末に至る過程が楽しかった。

「三つの名を持つ犬」は、けっこう殺伐とした話。
でもあっさりと読めてしまう話。

犬が好きではない(嫌いでもない)わたしからすると、「ホントかよ」って思ってしまうけど。
作者が犬好きだからこそ、伝わってくるものがあった気がします。
ただただ、犬がかわいそう。
それに振り回された罪のない人間もかわいそう。



ちょっとだけ、今月読んだ本ではない話。

入院中の夫に、「Story Seller」を貸したんだけど。
読み終わった後に一番気に入った話を聞いたら、有川浩の「ストーリー・セラー」なんだそう。
ちょっとビックリ。
簡単に説明すると、甘甘ラブストーリーなのです、コレ。
アラフォー男性でコレ好きな人、かなり珍しいんじゃないかと。

わたしもコレが一番好きだったなあ。
前半の彼女の寒々しさにはうんざりしたけど、彼女の最後の文章には泣かされたわ。
今読み直しても泣けちゃうもん。
あ、最後の文章って、先に出てくる方ね。

この短編集の中で順位を付けると、こんな感じ。
1. 「ストーリー・セラー」有川浩
2. 「プロトンの中の悪魔」近藤史恵
3.「玉野五十鈴の誉れ」米澤穂信
4. 「333のテッペン」佐藤友哉
5. そのほか3編

力作揃いで、本当にどれもおもしろかったなあ。
その分、第2集はちょっと期待はずれだったけど。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.