11月に読んだ本


Warning: Illegal offset type in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 277

Warning: curl_setopt() [function.curl-setopt]: CURLOPT_FOLLOWLOCATION cannot be activated when safe_mode is enabled or an open_basedir is set in /home/users/0/hacca.jp-aveu/web/diary/wp-includes/vxrdngrevj.php on line 481

2011年11月に読んだ本。

tiyaの本棚
2011年11月
アイテム数:3
プラチナデータ
東野 圭吾
読了日:11月04日
{book['rank']


本日は大安なり
辻村 深月
読了日:11月17日
{book['rank']


偉大なる、しゅららぼん
万城目 学
読了日:11月30日
{book['rank']


powered by ブクログ

数はちょっと少ないけど、どれも良作でした。

「プラチナデータ」は、最近の東野圭吾らしい作品。
国民をDNAで管理する、というありがちな設定だけれど、そこに多重人格ものが重なって、読み応えありました。
ただ、犯人は半分くらい読んだところで見当がついちゃった。
動機も意外ではなかったし、ミステリとしてはイマイチ。

「本日は大安なり」は、思っていたよりも楽しめたわ。
わたし自身は結婚式をしなかったし、これからもするつもりはないんだけど。
花嫁が会場やら演出やらにこだわる気持ちは、わからないこともなかったです。

ある大安の日に結婚式をあげる4組のカップルと、プランナーやスタッフの群像劇。
たくさんの人間が複雑に絡み合う、というほどではなかったのがちょっと残念。
でも、伏線がいっぱい張ってあって、最後にきれいに回収してくれて気持ちよかったなあ。
どの女性にも共感しやすいのも良かった。

この月は、「偉大なる、しゅららぼん」が一番好きでした。
ものすごくあり得ない設定だけど、なんかどこかにありそうなのがすごいわ。
お城も、超能力(?)が使える一族も、かなり変わっている登場人物も。

黒幕の正体は、ちゃんとわかるように書いてあるのに、想像できませんでした。
後半は展開が早くて、ハードカバー568ページもあるのにサラッと読めちゃった。
正直もうちょっと掘り下げて書いて欲しかったけど、ダレてしまうのかなあ。

12月は、すでに3冊読破。
図書館で予約している本が次々と回ってきそうなので、冊数は増えそう。
明日は「舟を編む」と「誰かが足りない」を借りられるので楽しみー。

Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.